ある団体のイベントで、某講演会に続いてアルパとブルースハーモニカの演奏を聴くことが出来ました。

アルパの名前は知っていましたが、見るのも聴くのも初めてです。

アルパは南米のパラグアイの楽器でハープと同じです。(スペイン語でハープの意味)

弦は36本で右手の爪で弾くようにメロデイーを、左の手で伴奏を演奏します。

アメージンググレースの演奏を・・・

ブルースハーモニカとの共演です。

ブルースハーモニカは穴が10個のハーモニカです。

小さなハーモニカでの見事な演奏でした。

「コンドルは飛んで行く」の演奏に・・・

素晴らしい演奏に満足しました。