昨日、市内の介護予防通所介護施設へ

私の所属するオカリナグループ「グリーン・ベレー」と手話ダンスグループ「フレンズ」と共同して

訪問してきました。

まず最初は手話ダンスで(手話ダンスは、手・指を使い歌詞の文言を表現します)

沖縄の「涙そうそう」のダンス・・・

ダンスの後は沖縄衣装の説明を

続いてオカリナの演奏で

「バラが咲いた」、「浜千鳥」、「みかんの花咲く丘」、「おぼろ月夜」、「花」、「富士の山」を演奏

曲に合わせて一緒に歌ってくれ、演奏しながらも嬉しくなりました。

手を指揮のように振ったり、足で拍子をとったりする方も・・・

演奏の間に衣装替を変えて、人数は少ないですが

ピンキーとキラーズの「恋の季節」を  歌も一緒に歌い楽しく・・・

またオカリナ演奏に

「茶摘み」、「夕焼け小焼け」、「冬の星座」、「見上げてごらん夜の星を」、「若者たち」、「歓喜の歌」を

演奏に合わせて、一緒に歌い・・・・

「懐かしい」、「良かった」 などの声が

日本の歌姫 美空ひばり の 「川の流れのように」 のダンスが演舞され

最後に、皆で「ふるさと」を

その前に「ふるさと」の歌詞を手話で表現する(ウサギ:両手の肘を肩付近まで上げ、手の平を後ろに。など

を)教わり、

オカリナ演奏に合わせて全員で歌いました。

皆さんから喜んでいただき、私たちも嬉しくなり良かったです。