散歩をしながら蜘蛛の巣を撮ってみました。

蜘蛛の巣は好きではないですが3年前に撮ったことがあり、その時に蜘蛛の巣は「自然の芸術」と思ったことを思い出し、

先日の朝、蜘蛛の巣を探し求めながら散歩しました。

光に照らされた糸は虹色に輝き、優美な曲線を描き

創り出す幾何学模様

カメラを向けて撮っていると、すれ違いの人が不思議そうに見ていきます。

レンズの先には花などの被写体らしきものが無いのに何を撮っているのかと・・・。

「蜘蛛の巣を撮っています。 蜘蛛の巣は綺麗ですよ。」と言うと、驚いて行きました。

前回は円形状の形の良い巣を見て写欲が出て撮ったものですが、今回は残念ながら前回ほど良い形の巣は見つかりませんでした。