初冬の朝の散歩から

日ごとに冬の寒さが厳しくなってきて、朝ベッドから起きるのが辛いです。

が散歩は健康維持等のための欠かせません。

13日の朝は上弦の月を見ながら散歩に出はかけ

日の出の様子を見ながら歩みを進め

送電鉄塔の列を見ながら日が昇るのを眺めて

日の出と送電線の幾何学模様を撮り

朝焼けを背景に枯れすすきのシルエットを撮ったり

路上の小鳥とジョギング中の人も

沢山の雀が飛んでいました

早朝から良い情景を楽しむことが出来ました。

約1時間の散歩が健康維持と写真を撮る楽しみです。

 

 

 

 

初冬の朝の散歩から” に対して4件のコメントがあります。

  1. カナカナ より:

    こんにちは
    毎日の健康維持管理のためとは言え朝暗い頃からのお散歩、冬の頃はちょっと大変でしょう。
    日の出と送電線のコントラストすてきです。

  2. コルナゴ親父 より:

    カナカナさん    こんばんは。
    いつもありがとうございます。
    起きるのは辛いですが習慣に成っているのでそれほど苦になりません。
    夏の頃の時間と比べると確かに位ですが・・・・
    送電鉄塔の列(並び)や送電線の幾何学的模様なども面白いです。

    ありがとうございました。

  3. のっち より:

    コルナゴ親父さん、おはようございます。
    冬の早朝の寒さがこちらまで伝わってきました(´▽`*)
    特にジョギングしている方の白い息と、
    歩道からの蒸気のようなものが出ていて
    なんとも幻想的ですね♪

    1. コルナゴ親父 より:

      のっちさん   
      新年あけましておめでとうございます。
      12月22日から出かけていて返コメができませんでした。
      昨年は今年はお世話になりました。
      今年もよろしくお願いいたします。

      帰ってきたら日本の方が寒く感じました。
      空気が乾燥しているせいか・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

朝散歩の情景