地下の巨大空間 

先日、栃木県宇都宮市の「大谷資料館」に行ってきました。

大谷石を採掘した跡の地下の空間で、大きな野球場がすっぽり入る大きさです。

dsc00334

戦争中は軍需工場として、戦後は政府米の貯蔵庫として使用されました。

現在は、コンサートや美術展、映画の撮影などに使われています。

假屋崎省吾氏の作品

dsc00320

dsc00332

ドン・ぺリのビンテージも・・・

dsc00337

dsc00349

手掘り時代のツルハシの跡が残り

dsc00325

幻想的な巨大な空間でした。

写真枚数の多いデジブックでもご覧いただけます。

http://www.digibook.net/d/86d4e7d7b08abdf02a8aa6b44a721cc6/?viewerMode=fullWindow

 

 

 

地下の巨大空間 ” に対して4件のコメントがあります。

  1. のっち より:

    こんばんは♪

    わお!!地下の巨大空間とっても素敵~(^◇^)
    幻想的で映画に出てきそうな所ですね!!
    大谷資料館ですか~私も行ってみたいッ☆

  2. コルナゴ親父 より:

    のっちさん   こんばんは。

     本当に大きな空間で、ライトアップもされていて見応えがありました。

     映画のロケなどに使われたりしているそうです。

     ぜひ、一度行ってみてください。

  3. seco より:

    初めまして~!

    DBよりご訪問させていただきました~!
    立川昭和記念公園の彩にグッドをありがとうございました。

    私も、たまたま大谷資料館へ行ったばかりでしたので~
    感激して、コメントさせて頂きました~!

    素敵なお写真をありがとうございました。

    1. コルナゴ親父 より:

      secoさま   
      おはようございます。
      こちらこそ、初めまして。
      嬉しいです。 ありがとうございます。

      この空間はすごいですね。  
      驚き感心しました。
      また機会があればじっくりと撮ってみたいです。
      デジブックにも構成を変えて発表する予定ですので、その時は見ていただければ嬉しいです。

      ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

市美術展に・・・

次の記事

濃霧の朝